キャッシング 即日融資

MENU

キャッシングを即日融資でうけるための情報まとめ

キャッシングの即日融資で銀金が必要になったとき、現在では、主に消費者金融系と銀行系カードローンが、多くの場合即日融資が可能です。もちろん借りたお金の使い道は自由です。急な出費に備えて、予め申込みをしておくと、いざというときに困りませんのでおすすめです。

そこで当サイトでは、キャッシングの即日融資に関して、おすすめの業者の紹介や即日融資までのまでの流れ、即日融資をうけるときの注意点などをわかりやすくまとめました。

 

緊急で即日融資を受けたい人は、5分で読めますのでご一読を。

 

 

即日融資にはタイムリミットがある

即日融資のキャッシングを受けるにはすでに口座がある場合は別ですが、申し込みの受付時間がありますので、24時間いつでも即日融資で借りられるというわけではありません。ほとんどの業者は平日の14時までに申し込みをしなければ即日融資を受けることができません。

 

14時を過ぎてしまっている場合は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合は、土日祝でも【プロミス】で22時までに即日融資が可能です。
→ <<<プロミスの公式サイトはここ>>>

 

 

キャッシング即日融資でおすすめの会社は?

安心安全にお金を借りられるキャッシングサービスをご紹介します。

 

即日融資可能なキャッシングサービス

プロミス ←即日おすすめNo.1

プロミスは、大手消費者金融の一つで、即日にキャッシングカードを発行してもらうことが出来ます。

しかも30日間無利息キャッシングサービス(※1)を展開していますので、次の給料日までに完済してしまえば、利息負担無しでお金を借りられます。
※1:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
インターネットを利用することで24時間365日いつでも融資の申込みが出来ますので緊急でお金が必要なときは、プロミスがお勧めです。

 

 

▼プロミスのWEB申込ページへ▼

<<<プロミスの公式サイトはここ>>>

 

みずほ銀行カードローン

日本最大級のメガバンクであるみずほ銀行のカードローンは、最大1,000万円まで借りられるキャッシングサービスです。

 

しかもエグゼクティブプランなら、最低年利3.0%と非常に低い金利でお金を借りられます。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。
また限度額200万円まででしたら原則として収入証明書が不要となっていますので、身分証明書一点のみで全ての申込みが出来ます。

 

<<<みずほ銀行カードローンの公式サイト>>>

 

→ 目次に戻る

即日融資キャッシングに必要な収入証明書

即日融資が受けられたらいいんだけど、収入証明書の提出が今日中には難しい、そういう場合も少なくありません。収入証明が不要な条件があります。収入証明が不要になる場合はどうんなときか、わかりやすくご説明いたします。

 

消費者金融会社については、収入証明書を出す条件は実はすべて同じで、一定の条件があります。それは、

 

貸金業者1社からの借入が50万円を超える場合

 

もしくは

 

複数の貸金業者の合計が100万円を超える場合

 

という条件のどちらかに該当する場合には、必ず収入証明書を提出することになります。というのは、これは貸金業法の「総量規制」と呼ばれるルールで定められていることで、これを守らなければならないからです。貸金業法は消費者金融の会社を規制する法律ですから、貸金業者であればこの法律に沿って営業をしなければ営業停止処分になります。こういうわけで、収入証明書の提出についてはどの貸金業者でも同様の扱いとなります。

 

ちなみに、時々上の条件にも関わらず「収入証明書の提出は必要ない」と言ってくる業者がいるのですが、そのような会社は100%ヤミ金ですので絶対に関係を持たないように注意しましょう。ヤミ金業者は法律(貸金業法)に従う必要はないというか、そもそも違法行為を行っている業者ですから、こうした無責任な提案もしれきます。しかし、いざ取引が始まったら態度が豹変し、とんでもない条件をつけてきたり予想もつかない手段でお金を巻き上げられていきますので、絶対に利用しないように注意しましょう。

 

 

 

銀行が個人に対して行っている銀行カードローンでも、収入証明書は必要になります。大手銀行から中堅銀行まで、多くの銀行で今は銀行カードローンを取り扱っていますが、収入証明書が必要になるケースやその内容は、銀行によって条件が違います。

 

消費者金融と違って、銀行の場合は条件が違う理由は、銀行は上記の貸金法に従う必要がないからです。これは貸金業者(消費者金融会社)を規制する法律であり、銀行を規制する銀行法ではありません。そして、銀行法には総量規制や収入証明に関するルールはないのです。

 

そうした理由で、銀行の場合は各銀行で違った条件が用意されています。
たとえば、

 

●みずほ銀行カードローン       200万円〜
●三井住友銀行カードローン      300万円〜

●りそな銀行カードローン       100万円〜
●楽天銀行カードローン        300万円〜
●オリックス銀行カードローン     300万円〜

 

といった具合に、必要になる金額に違いがあります。ただし、例外もあって、上記の数字以下の借入金額であっても審査の内容やサービスによっては収入証明書の提出を求められる場合もありますので、ひとつの参考程度に考え、各金融機関にしっかり確認をとるようにしましょう。

 

また、収入証明書といいますが、実はそういう名称の書類や書式は存在しません。
具体的には、以下のような書類を指して収入証明書と呼びます。

 

●源泉徴収票
●所得証明書
●確定申告書
●給与明細書(直近2か月分程度)
●住民税決定通知書

 

 

会社や銀行によって、採用される書類が違っている場合はありますが、上記の書類であればたいていは使用可能です。ですから、上記のどれか一つ、できれば複数を用意しておくと融資申しこみがスムーズに進むでしょう。当然ながら、現在の収入を証明するものですから、申込み時点で一番最新のものを用意する必要があります。

 

その提出方法は、店頭や自動契約機で申し込む場合は原本のコピーを提出すればよく、パソコンやスマホからの申込みの場合、原本をカメラなどで撮影して画像データとして提出します。この場合、必要な内容がきちんと確認できるような画質であることが絶対条件です。下手に加工してごまかしたりするとトラブルになり、融資を受けることはまずできませんのでそのようなことがないようにしましょう。

 

 

→ 目次に戻る

即日融資で借りられるキャッシングとは

普段からクレジットカードを利用して生活をしている方も多いかと思います。わざわざ現金を持つこと無くスムーズな買い物をすることが出来るので大変便利です。

 

クレジットカードを使ってショッピングをすると、様々な支払い回数から選ぶことができ、一括払いはもちろん、2回3回10回など利用者のライフスタイルによって変えることが出来ます。このように複数回に分けて支払っていくことを「ローン」と言います。

 

またキャッシングの場合、元々の意味が借りた月の翌月に一括返済することを言います。つまり「キャッシング・ローン」というのは、ショッピングと同様に複数月に分けて返済をしていくキャッシングのことを言います。現在では、キャッシングもキャッシング・ローンも同義語となっており、主にキャッシングとまとめて呼ばれています。

 

キャッシングをローンで組んで返済をしていきますので、もちろんその分利息が多くなります。一括で返済をしてしまえば、損を減らすことが出来ますが、何十万という大金をキャッシングした場合、一般的な給料では一括で完済するのは難しいでしょう。

 

毎月少しづつ返済をしていくことで、その負担を軽減することが出来ます。ただしいくら毎月の返済額が少ないからといって、収入に見合わないキャッシングをしてしまうのは避けましょう。

 

例えば一ヶ月の収入が20万円だった場合、適正なキャッシング金額は5〜7万円程度と言われています。これ以上のキャッシングは返済が困難になってしまい、返済のためにまたキャッシングをしてという悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

 

キャッシング・ローンに申し込みをする前に、必ず返済計画を立て、なるべく早く完済することが大切です。キャッシングの返済中に、何度か限度額が増えることがあります。しかしいくら限度額が増えたからといって、それは貴方のお金ではありません。中には大きな勘違いをして自由に使って良いものだと思っている人もいるので、十分にご注意ください。

 

 

→ 目次に戻る

即日融資の金利は昔のように高くない

即日融資のカードローンを利用するとなると、気になるのが金利が高いということです。
実際、金利が高い商品もありますし、それほどでもない商品もあります。

 

ある体験談では、金利についてこのように話しています。

 

「銀行で即日融資を受けましたが、実質年率14.8%で借りることができました。希望額は50万円だったので、即日は無理じゃないかと思ったのですが、即日融資を受けることができました」

 

50万円という枠はそれほど大きな枠ではありませんが、実質年率に注目してみると14.8%と普通のカードローン商品に比べて極端に高いということは無さそうです。

 

消費者金融会社のカードローン商品は、おおよそ4.7%〜18.0%程度の実質年利のことがほとんどです。銀行カードローンになるともう少し金利が安くなる場合がありますが、高くてもこれくらいだと思っておけばそれほど驚くことはありません。

 

では、続けて体験談を見てみましょう。

 

「審査には10分、他の契約手続きで20分ほどかかり、合計で30分ほどかかりました」

 

ということで、実は思いの外、今の融資の審査から契約はスピーディーに進むようになっているのですね。

 

「私の友人にキャッシングを長く使っている人がいますが、その人にこの話をしたらたいそう驚かれました。昔はキャッシングといえば、利率は年26.5%くらいで、ひどい時は30%を越えることもあったそうです」

 

今と昔では、適用される法律の基準も違いますし、そしてカードローン各社も業界の悪いイメージを払拭するため商品作りを頑張っているのですね。

 

というわけで、昔に比べて、それほど即日融資のカードローンの金利は高くないということがおわかりいただけたのではないかと思います。もちろん詳細は各社の商品やサービスによって異なりますので、事前によく調べて計画的な利用を心がけましょう。

 

 

→ 目次に戻る

即日融資を受けるための条件

即日融資ができるカードローンは大変便利ですが、即日融資を受けるための条件にはどんなものがあるんでしょうか?

 

実は、基本的には身分証明書さえあればOKとなります。一部の商品や条件で収入に関する書類などの提示が求められる場合がありますが、その程度であり、担保・保証人に関しては全く必要ありません。
ですから、即日融資へのハードルが下がって利用しやすくなりましたよね。

 

また、借入希望額が100万円以下であれば、多くの場合は、身分証明書のみで申し込みが可能です。担保や保証人も最近は必要なくなりました。昔は借金には必ず担保・保証人が必要だったのですが、現在のカードローン会社は個人の返済能力・個人の信用状況を調査してそれを審査基準とするようにしていますので、個人がきちんとしていることが重要です。親の七光りは通用しない、ということもできますので、周囲に頼らない自立した経済状態を作っておくことは大切です。

 

審査が簡略化され、必要書類が減ったとはいえ、こういう人は注意が必要です。

 

たとえば、専業主婦のように安定収入はゼロだという人、過去に借入で失敗したりトラブル、延滞があった人、現在、他社で多額の借り入れをしている人、といった場合です。このような人の場合は、身分証明書以外にも、収入証明書の提出が求められる場合がありますが、それは審査に落ちるということとは関係ありませんから、返済能力をしっかり示すことができれば問題ありません。
また、初めてキャッシングを利用する人で、一定の収入がある人であれば問題なく、即日審査も受けられ、即日融資も可能です。

 

もしも審査のうえで心配な状況がある方は、ホームページに短時間で簡易審査をするサービスがある会社もありますから、それらを利用して、融資可能かどうか事前に確認してみると良いでしょう。

 

簡単になったとはいえ、審査は今も昔も変わらずにしっかりと行われています。
でも、揃える書類が最低限になりましたので、その分手続きもスピーディーです。
ですから、急に現金が必要になった場合には、即日融資のキャッシングも頭の中に入れておくと困ったときに強い味方になってくれると思います。

 

→ 目次に戻る

 

即日融資可能なキャッシングカードローンの選び方

即日融資が可能なカードローンはどんどん増えています。最初はものめずらしかったのですが、今では多すぎてどの会社のサービスが良いのかわかりにくいという方も少なくありません。
すぐにお金が必要がだからと慌てて申し込まなくて良いように、余裕のある時に借入条件や金利などを比較して、自分にとって使いやすいカードローンを探しておきましょう。

 

 

借りられる時間

即日融資が可能という会社は多いですが、あくまで「理論上」の話です。
いつでもどんな状況でも即日対応をしているわけではありません。
中には、「審査は即日でできるけど振込は数日後になります」という場合もありますし、審査に時間を要して結局翌日以降にお金が振込まれたり、週末は対応していなくて週をまたいでしまうことこともあります。
多くの会社では、即日融資の場合は12:00〜15:00頃に受付を締切るようにしています。ですから、即日融資を考える際には、事前に会社ホームページなどで締め切り時間を確認しておくか、もしくはなるべく午前中に審査申し込みをするなどしておきましょう。
時間が遅くても、三井住友銀行の口座を持っている必要がありますが、プロミスは、22時までに審査が通れば即日融資が可能です。

収入証明書の要・不要

多くの金融機関では、借入限度額が一定の金額より小さければ収入証明書の提出までは不要としてくれています。借入限度額の最大額が800〜1,000万円と大きい会社は「200〜300万円以下なら証明書不要」、借入限度額の最大額が500〜700万円程度の会社は「50〜100万円以下なら証明書不要」というようなひとつの傾向が見られます。
「借入限度額が50万円以下、かつ他社を含む借入総額が100万円以下なら収入証明書不要」と複合的な条件を提示している場合もあってややこしいですので、慎重に確認した上で借入限度額を設定しましょう。この時、複数の会社で借入をしている人は合算して計算するようにします。

来店不要・郵送不要かどうか

急いでいるからこそ、来店不要・郵送不要というのは即日融資可能な会社を選ぶ上で大切な要素です。都市部ならともかく、少し地方に行くと来店が難しいケースも少なくありません。最近は、インターネットで申し込みができるだけではなく、「本人確認書類は写真でメールに添付」「審査結果はメールでお知らせ」「インターネット経由で指定のインターネットバンキングに24時間送金」という具合に、 申し込みから借入まですべてインターネットで完結できる会社も多くなりました。場所や時間を選ばないだけでなく手続きも簡単になりますから、それだけ利用者としては嬉しいことです。ですが、慣れの問題もあってスピードには個人差がありますから、人によっては窓口で手続きをした方が早い場合もあります。画面向かい合っての契約に不安がある人などはまずは来店して窓口で手続きする方が良いでしょう。

金利

お金を借入れる際に、金利は最も重要なポイントであることは言うまでもありません。この金利を低く抑えたいと考えた時には、最低の金利に目がいきがちですが、この最低の金利が利用されるケースはほとんどありません。借入限度額ギリギリまでの借入を優良顧客が借入れる場合のみに適用される金利ですから、基本的には設定されている金利の上限を見て考えた方が良いかと思います。また、銀行カードローンは、金利が低い分審査が厳しくなっていますが、その銀行の口座をもっていると審査上有利にはたらくこともあるそうです。「銀行系は金利がいいけど厳しそう」と最初からあきらめないで、口座を作ってみるとか、自分が口座を持っている銀行のカードローンを使ってみるといいかもしれません。

無利息期間をチェック

会社やサービスによっては、返済の際に無利息の期間が設定されていることがあります。早期の返済ができることがわかっている場合は、金利に縛られずにそうしたサービスのあるところおを利用した方がトータルで安くなる場合もあります。多くの場合は、契約後の初回だけというところが多いので、内容をよく確認して計画的に利用しないとぬか喜びに終わってしまいますので注意しましょう。

 

 

こうしたポイントを踏まえて即日融資のカードローンを選ぶことが出来れば、大きな失敗はないのではないかと思いますので頑張って希望の条件を探しましょう。

 

→ 目次に戻る

即日融資のキャッシング年会費

とっても便利な世の中になりましたね。お金が無い時に、簡単な申し込みをするだけで、すぐに現金を融資してもらうことが出来ます。一昔前まではキャッシングと聞くとあまり良いイメージでは無かったのですが、今やごく当たり前のサービスとなっており、大手銀行でもキャッシングサービスを続々と展開しています。もうキャッシングは現代社会では無くてはならない存在と言っても過言ではないでしょう。

 

そんなキャッシングですが、クレジットカードを利用している人も多いかと思います。クレジットカードには買い物をすることの出来る「ショッピング枠」、そしてお金を借りることの出来る「キャッシング枠」の2つの枠設定がされており、それぞれ異なる利息で、また限度額もそれぞれ決められています。

 

ショッピング枠の方の限度額はかなり曖昧になっていますが、キャッシングはきちんと限度額が決まっており、その限度額の範囲内でしたら何度でも繰り返しキャッシングをすることが出来ます。

 

しかしクレジットカードの中には、年会費が必要な種類もあり、使わなかったとしても毎年維持費がかかるわけですから損をしてしまうことになります。最近では年会費無料のクレジットカードも多いですが、クレジットカードを作るためにはなかなか即日とはいきません。

 

キャッシングカードと呼ばれている消費者金融などで発行しているカードでしたら、年会費は一切必要ありません。消費者金融で年会費を徴収している会社はこれまで見たこともありません。しかも申し込みをしてすぐにその場で審査が行われ、数十分程度で審査が完了し、カードが即発行されます。

 

もちろん、すぐに限度額内でしたらキャッシングをすることが出来ます。キャッシングをするつもりは無いという方も、持っていて損をすることはありませんので、もしもの為に財布に一枚入れておくと良いでしょう。どうしても必要無いのでしたら、すぐに解約をすることが出来ますのでご安心ください。

 

→ 目次に戻る

総量規制とは?

新聞やニュースなどで総量規制という言葉を聞いたことがありますか?

 

金融業界で消費者金融会社に対して適用される法律の中に規定されているルールのひとつが総量規制で、金融機関からの借り入れ総額は年収の3分の1までというルールです。

 

キャッシングという言葉が浸透するようになり、24時間必要なときに現金を手に出来ることや大手消費者金融による有名タレントを起用したコマーシャルなどで便利でいいイメージになってきていますが、実際にはこのキャッシングよるトラブルはまだまだ多いと言われています。現金を手にするまではよくても、返済は滞ってしまいがちだったり、何社もの金融機関から無計画に借り入れを行なった結果、多重債務者になり自己破産というケースも少なくありません。

 

この総量規制の対象金融機関はクレジット会社、消費者金融、信販会社、事業者金融会社などとなっていて、銀行は含まれていません。

 

また、住宅を購入する際の住宅ローンや自動車ローン、また医療にかかった代金をローンで支払う場合などは総量規制の対象にはなっておらず、銀行が提供するローンの場合もこの規制が適用されません。

 

この総量規制は年収にあった借り入れを行なう事で返済をしっかりすることを奨励するもので、年収の1/3の借入れがある場合に、それが減るまでは追加の借入れを不可能にするものです。この総量規制では、多重債務による破産などを少なくすることが目的となっています。

 

ですから、銀行からの借り入れなどで、おまとめローンを組む場合はこの総量規制の対象から外れるようになっています。あくまで多重債務を楽にしてあげ、自己破産というケースを防ぐ目的ですから、その目的に合った商品まで規制することはないようです。

 

ちなみに、銀行は銀行法という法律に基づいて運営されていますので、この貸金法による総量規制の対象外となっていますので、この規制と関係なく借入が可能です。ただし、多重債務などの場合は、その分審査は厳しいものとなることを覚悟しましょう。

 

→ 目次に戻る

土日に即日融資を受けるには?

土曜や日曜の週末にはお金が必要な機会が多いのですが、一方で銀行などの金融機関は休みであるために手元のお金が不足することがしばしばあります。

 

平日の昼間であれば、どのキャッシング・カードローンでもすぐに審査を受けて即日融資もできますが、週末になるとそうそううまくはいかないものです。

 

銀行と違い、消費者金融会社のカードローン審査受付時間は土日でも変わらず夜の21時前後まで行われていることが多く、審査時間は30分〜2時間程度が標準と考えてよいでしょう。

 

土日に即日融資を考える上で、一番のハードルになるのは会社への在籍確認ですが、カードローン会社によっては契約を翌営業日まで遅らせる場合と、他の方法で確認を取ることにして即日融資をしてくれるところに分かれます。

 

土日に確実に借りたい事情がある場合には、週末でも契約が可能なところ、できれば即日融資が可能なところを選ぶと良いでしょう。

 

銀行カードローンの多くは週末は対応していませんので、土曜日や日曜日に即日融資を狙うなら消費者金融のカードローンが適しています。

 

土日は窓口業務を行っていない企業が多いですが、無人契約機がしっかり働いてくれていますし、最近はインターネット上からほとんど手続きが可能になっています。しかし、振込み段階で土日は銀行が営業していないので、ネットバンキングを持っているか、もしくはカードを用いてATMからお金を引き出す必要があります。インターネットから申込しておくとその後の流れがスムーズに進みますので、まずはネット経由で申込ましょう。

 

確実にその日中に審査と契約を終わらせたければ、インターネットで申し込むだけでなく、その日の午前のうちに審査申込を行うことも忘れてはなりません。この時、本人確認書類をはじめ、必要書類の提出を求められることがありますので、事前に準備しておくようにしましょう。カードが発行できる場合は、近くの無人契約機や店舗窓口で受け取ることができます。

 

審査に仮に落ちてしまっても、他の会社で申し込めば審査に通る場合もありますから、諦めずに複数の会社に申し込みましょう。ネットを利用すれば、それほど時間はかからないで済むはずです。

 

→ 目次に戻る

 

申し込みが24時間可能なキャッシング

消費者金融のキャッシングを使うメリットに、申し込みが24時間可能という点があります。

 

銀行は夜は営業しておらず、使いづらいと思ったことがある人は少なくないと思います。その点、消費者金融のキャッシングであれば、24時間ATMで融資を受けられます。

 

申し込みが24時間可能な消費者金融は全ての消費者金融というわけではありませんが、アコムやアイフル、バンクイック、モビット、プロミス、レイクなどの大手消費者金融は全て24時間申し込み可能です。多くの人はこれらの大手消費者金融を利用することになると思うので、申し込みの時間はあまり気にしなくて良いでしょう。

 

また、申し込み方法も最近では多様化しています。

 

以前からある、店舗や事務所に直接出向く方法や、郵送を利用した方法、電話で審査を受ける方法などに加え、自動契約機を利用した方法、最近のはやりが、インターネットを利用した申し込み方法です。インターネットを利用した方法では、必要事項をWEB上で記入し、本人確認や収入証明の書類はEメールで行うという方法で、一切人と会わず、全ての行程をネット上で完結することができます。そして、場所も選ばないので、自動契約機や店舗の場所まで移動する必要がなく、忙しくても申し込みをすることができます。

 

ただし、即日融資をしてもらいたい場合は注意しなければならないことがあります。即日融資をしてもらう際には、申し込みを早い時間に済ませておかなければならないことがあります。
もし、即日融資を希望するならば、時間ぎりぎりではなく、早めに余裕をもって申し込みを終わらせておくようにしましょう。そうすれば、書類の不備などにも対応できるでしょう。

 

また、申し込みだけでなく、融資も24時間受けられることが消費者金融のメリットでしょう。コンビニATMと提携していることも、大手消費者金融には多いので、急な用事でお金が必要な際もすぐにお金を借りられます。
ほとんどの大手消費者金融は、審査は最初の一度しか行われません。

 

→ 目次に戻る

 

キャッシングの様々な申し込み方法の紹介

キャッシングを使おうと決めた際に気になるのが、申し込み方法です。最近では申し込み方法も様々用意されています。多くのキャッシング会社では、お金を借りることの敷居を下げるために、人に合わずに申し込みができるようにしているところが多いです。
店舗に直接言って申し込まなければならなかったころに比べると、精神的にも時間的にも楽になっていると言えるでしょう。

 

申し込み方法は様々ですが、その後の流れは変わりません。
消費者金融が発行するキャッシングカードがもらえるので、その後はそれを使って提携ATMからお金を借り入れることになります。

 

では、そのキャッシングの申し込み方法にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。

 

インターネットを利用した申し込み

人気が最近高まっている申し込み方法が、インターネットを利用した申し込みです。

 

インターネットを携帯電話やスマートフォンなどで利用できるようになったため、どこからでもいつでも申し込むことができるからです。また、直接店舗に行かないので知り合いに発見されてお金を借りていることがばれるという心配もありませんし、スタッフと直接顔を合わせる必要がないのも人気の理由です。

 

本人確認や収入証明書の提出方法はメールが用いられます。そのため、申し込みに必要なすべての手順がインターネット上で可能です。

 

インターネット申込みでも、即日融資が可能な消費者金融も存在します。即日融資のためには決まった時間までに申し込みを済ませる必要がある場合もあるので、注意してください。手間もかからず審査の時間もかからないので、最もお勧めの方法です。

 

自動契約機を利用した申し込み

自動契約機を用意している消費者金融があり、そういう場合はこちらを利用しても、スタッフと直接顔を合わせないで済みます。
自動契約機を利用する場合は、自動契約機が設置されているところまでいく必要があるので、インターネット申込みよりは手間がかかり、人にばれる可能性もわずかにあります。ですが、自動契約機も21時くらいまでなら使えますので、時間に融通が付きづらくても利用できますし、キャッシングカードをその場で受け取ることもできるので、すぐに借り入れすることができます。

 

→ 目次に戻る

返済計画をしっかり立てましょう

お金は借り入れることより、返すことが難しい。

 

でも、ついつい借りたい時には「借りる」ことが考えの中心になりがちです。

 

もちろん、借り入れる必要があるからこそ、借りることが一番大切なのですが、繰り返し言われているように計画的な利用を心がけないといけません。そのためにはしっかりした返済計画をどれほど急いでいる時も立てていただきたいと思います。

 

必要な金額やそれ以上を借りることに没頭するあまり、自分の返済能力を省みずに借入額が大きすぎたというミスは往々にして起こっています。

 

念のため、少し多めに借りておくか、といった考えは非常に危険な考えですし、何とかなるさという考えで融資を受ける人がいますが、これは返済計画とは言えません。返済計画を全く立てていないのと同じです。

 

急いでいるとはいえ、返済のことまで考えるなら、利用金額は最小限にして余裕は生活の中の他のお金から捻出するようにするべきです。

 

そうして、一刻も早く返済するを考えましょう。そうすることで、利息を減らし、支払総額を減らすことができます。

 

余裕がある時にできれば随時返済していきながら、元金が少しでも早く減るようにしていくようにしましょう。そのためには、随時返済がしやすい環境をもっているカードローンやキャッシング会社を選んでおくことが大切です。いざ返済したくても、来店しなければできませんというサービスだと返済が難しく、返済意欲も萎えてしまい、気づけば他のところにお金を使ってしまいます。

 

ですから、ネット返済が利用できるとか、家の近くや通勤途中にATMがあるとか、そういう細かい点も返済をしていく上で重要なポイントです。また、細かい話ですが、ATM利用時の手数料も回数を重ねるとバカにできません。

 

 

短期間お金を借りるだけなのに、そんなにあれこれ考える必要があるのかと考えるかもしれませんが、その考えの積み重ねと結果が借入が必要な状況なのですから、根本的に改善するためのトレーニング期間だと思って、返済計画を考え、資金管理能力を磨いていくことはこうした即日融資などのサービスを受けないとしても重要な生活スキルです。

 

→ 目次に戻る

 

即日融資は家族や会社にバレる?

即日融資で今すぐお金を借りれたとしても、その事実が家族や会社など、周辺の人にバレてしまうのに抵抗のある方は多いかと思います。

 

キャッシング自体決して悪いことでは無いのですが、やはりお金を借りるをあまり人に知られたく無いと思う気持ちはよくわかります。

 

しかしご安心ください。
消費者金融でも銀行系カードローンでも、申込みに関して本人以外に知らされることは一切ありません。

 

キャッシングの申込みというのは、インターネットや電話、来店、郵送、そして各社の自動契約機など様々ありますが、どのような方法で申込みをしたとしても、バレることはありません。

 

ただし審査通過後、在籍確認電話という最終審査が行われ、申込書に記載されているお勤め先に審査担当者から電話がいきます。

 

これは本当にそこの会社で働いているのかを確認するためだけの審査ですので、キャッシングの申込みをしたという事実は知らされません。

 

例えば「中村と申しますが、鈴木さんはいらっしゃいますか?」などと、個人名を使って電話をしますので、会社の人に知られることはありません。

 

一つ注意点としまして、キャッシング後の返済日を遅延することで会社や自宅に何度も催促の電話がかかってくることがあります。

 

この際にも個人名で呼び出すだけですが、毎日のように何度も電話がかかってくることで怪しまれてしまう可能性があります。

 

バレるリスクを無くすためにも、毎月の返済日はきちんと守るようにしましょう。

 

→ 目次に戻る

 

主婦でも即日融資が可能なのか?

満20歳以上で安定収入があればお金を借りられるカードローンですが、夫の収入で生活する主婦も融資対象となるのでしょうか?

 

「夫の収入は主婦の収入と同じだから条件は満たしている」と考える方も多いかもしれませんが、残念ながら配偶者であってもそれは本人の収入としては認められません。

 

つまり一般的なカードローンへは、主婦の申込みは出来ないということになります。

 

消費者金融の場合、本人に収入が無ければ融資は出来ませんが、銀行系カードローンでしたら主婦を対象にしたキャッシングサービスを取り扱っているところもあります。

 

夫に安定収入があれば主婦でも利用出来るサービスであり、即日融資に対応していればその日のうちにお金を借りられます。

 

ただしその場合、限度額はかなり低く設定され、概ね5〜10万円程度となります。

 

このように主婦という立場では借りられなかったり、少額のみのキャッシングなど、融通がきかないケースが多いです。

 

しかし同じ主婦でも、パートをして自分自身に収入があれば話は別です。

 

殆どの消費者金融と銀行系カードローンでは、パートやアルバイトも融資対象としていることから、パート主婦でしたら審査をした上でお金を借りることが出来るのです。

 

夫に知られること無くお金を借りたい場合には、どんな職種でも問題ありませんので、とにかくパートを始めて、安定収入を得るようにしましょう。

 

→ 目次に戻る

 

事業資金としての即日融資も大丈夫?

「取引先への支払資金が足りない」「社員への給料支払いが出来ない」「新規事業の資金が足りない」など、事業を進めていく中で、資金不足の悩みを抱えてしまうことは結構多くあるかと思います。

 

そんな時には銀行から事業資金の融資を受けることも出来ますが、事業資金の審査基準というのは非常に厳しく、また融資実行までに期間を要するため、即日に資金繰りをしたい場合には不向きです。

 

そこで考えるのが、消費者金融や銀行系カードローンなど、使用用途自由で借りられる個人向けのキャッシングサービスです。

 

個人でお金を借り、それを事業資金に回すことが出来れば助かりますよね。

 

確かに使用用途自由ではありますが、事業資金としての利用は禁止しているキャッシングサービスが殆どです。

 

消費者金融の中では唯一ブロミスでビジネスローンを取り扱っており、即日に事業資金として使えるお金を借りることが出来ます。

 

ただ他のキャッシングサービスでも、申込み方法によっては事業資金として使うことが出来るケースもあります。

 

例えば「生活費が不足している」という理由で申込みをし、審査に通過した後は、そこで借りたお金を事業資金に回すという方法です。

 

これは規約違反とも思ってしまうかもしれませんが、今あるお金を事業資金に回し、借りたお金を本当に生活費として使用すれば違反とはなりません。

 

決して嘘を付いているワケではありませんので、安心してお申込みください。

 

→ 目次に戻る

 

即日融資でいくらまで借りられる?

即日にお金を借りられたとしても、貴方が希望する限度額に設定してもらえるとは限りません。

 

キャッシングというのは、申込者の収入や職種、過去と現在の利用履歴などから個々に限度額が決められますので、例えば最大限度額100万円と謳っているキャッシングでも、誰もが100万円を借りられるワケでは無いのです。

 

殆どの消費者金融や銀行系カードローンでは、スコアリングと呼ばれる審査を行っており、社内の規定に従って限度額を決めています。

 

つまり、貴方がどんなに「もっと貸してください」とお願いをしたところで、担当者の判断で限度額を広げてもらうことは出来ないのです。

 

そこで即日融資でいくらまで借りられるのか?っということですが、当然これも個々により異なります。

 

あくまでも平均ですが、初回ですと概ね10〜20万円程度が一般的で、30万円以上となるとかなり厳しくなるのが現状です。

 

一昔前でしたら、アルバイトでも簡単に50万円の限度額に設定してくれていましたが、多重債務者の急増により、近年ではそれも難しくなりました。

 

このことから、即日融資では10万円程度と思っていた方が無難です。

 

しかしそれから遅れること無く毎月返済をし、定期的にキャッシングの利用をすることで、数ヶ月後に限度額の増額が可能になることもあります。

 

一度でも返済遅延を起こしてしまうと増額の可能性が低くなるのは当然のこと、個人信用情報機関にその事実が記録されることになりますので十分に注意してください。

 

→ 目次に戻る

 

女性にオススメ!即日融資のレディースキャッシング

お金を借りたいのは何も男性だけでは無く、女性だって自由に使えるお金を借りたいと思うのは当然のことです。

 

男女関係なく、お金の悩みは起こるものです。

 

しかし女性の中には、消費者金融や銀行系カードローンへ申込みをするのに抵抗を持っている方もきっと多いかと思います。

 

その大きな理由として、申込時に対応してくれる担当者が男性だった場合です。

 

やはり女性としては、異性である男性にお金の悩みを打ち明けるのは恥ずかしさがあるもので、出来れば女性に話を聞いてもらいたいかと思います。

 

全ての消費者金融や銀行系カードローンで提供しているワケではありませんが、最近ではレディースキャッシングと呼ばれる女性専用の窓口を設置しているところが多くあります。

 

レディースキャッシングでしたら、電話対応の担当者全てが女性ですので、安心してお金の相談をすることが出来ます。

 

もちろん即日融資にも対応していますので、お金が必要になった時には是非レディースキャッシングのご利用をオススメします。

 

ただしレディースキャッシングと通常の申込方法も融資条件や審査基準に変わりはありません。

 

レディースキャッシングだからと言って、審査に通りやすくなり、簡単にお金を借りることが出来るワケでは無いのでご注意ください。

 

→ 目次に戻る

よく読まれてる記事