キャッシング 即日融資

MENU

アコムを徹底解説記事一覧

アコムのキャッシング専用アコムカードは、利用可能金額(契約極度額)の範囲内で、繰り返し何度でも利用できるカードローンを可能にします。年会費などもありませんし、様々な場面での活躍が期待できますので、持っていても損はありません。融資額は最高で500万円までとなっており、実質年率は4.7%〜18.0%となっています。全国のアコムATM、提携ATMネットワークで利用可能ですので、アコムの店舗はもちろん、多...

アコムではACマスターカードというクレジットカードも発行しています。その特徴は、年会費無料、最短即日発行、ご利用明細書の郵送なしというもので、「カードローン付き」と「ショッピング専用」の2種類から選ぶことができます。ご利用明細書は基本的には郵送なしですが、支払方法が口座振替の場合や、ご利用明細書の郵送を希望する人、アコムの店頭窓口・ATMでご利用明細書を受け取っていない人に関しては送付される場合が...

アコムといえば消費者金融の中では大手ですが、どのようにしてここまで成長してきたのでしょうか。そのアコムの沿革について少し調べてみました。アコムの大本の会社は何と丸糸呉服店という呉服店です。事業展開を多くの分野で行っているうちに、1947(昭和22)年ごろから質屋業を始め、その質屋部門が後のアコムに変化していったそうです。1990年台後半、昭和が終わり平成に入った頃から、東京証券取引所の二部市場に上...

アコムで借入を行った後、まとまったお金が入ったので一括で返済したい場合もあると思います。今回はこの一括返済の方法についてご紹介しましょう。まず、その方法は以下のようになっています。有人の店頭窓口で直接返済するアコムのATMでの返済提携ATMでの返済銀行振込み口座での自動引き落としインターネットでの返済という様々な方法で行うことが可能ですので使い勝手が良いです。また、一括返済の金額は直近の支払い時の...

アコムを利用する際、最初に融資の限度額を決定していきますが、あまり融資額を大きくすると使いすぎが気になるものです。ですから、最初は小さく設定する人が多いですが、返済に慣れてくると融資額が大きい方が何かと便利に感じて、融資額を増額したいという人が増えてくるそうです。そうした場合、いくらくらい、どのようにして増額できるのでしょうか?アコムのカードローンの増額については、アコムのコールセンターまで、電話...

アコムには30日間金利0円サービスという特徴的なサービスがあります。このサービスは、はじめての方であれば、契約日の翌日から30日間は金利がかからないというサービスです。対象になるのは、アコムではじめて契約した方であり、返済期日を「35日ごと」で契約した人で、無担保カードローンを契約した人になります。クレジットや借換えローンの契約者は対象外となります。上記の条件に該当していても、アコムで不適当と判断...

アコムでは、カードローンの融資額(契約極度額)は、最高500万円となっています。他の消費者金融やカードローンと比べて、アコムの借入限度額は多いのでしょうか?また、消費者金融では誰でも同じようにお金を借りれるわけではなく、最高の額の融資を受けるには条件が必要なところも多いです。アコムでは、どういう人が500万円の限度額まで借入可能で、そしてどのような手続きが必要なのでしょうか?まず、アコムとその他の...

消費者金融大手のアコムでお金を借りて、返済をする際にはいくつかの方法があります。たとえば、インターネットからの返済が可能になっています。インターネット返済は、「Pay-easy(ペイジー)」を利用して、利用者の金融機関口座からアコムへ返済を行うことが可能なサービスです。事前に普段使っている金融機関でインターネットバンキングを利用できる状態にしておけば、インターネットで24時間いつでも返済を行うこと...

アコムでは、ビジネスサポートカードローンという商品があり、個人事業主の方向けに最高300万円までのご利用限度額を設定して貸付を行っています。そのビジネスサポートカードローンは、普通のカードローンと違った特徴がいくつかあります。そのひとつは、総量規制に縛られず、年収の3分の1を超える借入も可能になっているということです。しかしながら、この場合は返済計画や事業内容などから返済能力を審査されます。二つ目...

アコムといえば、消費者金融大手ですが、数ある消費者金融機関の中で、アコムをあえて選ぶ理由は何でしょうか?ここでは、利用者の声をもとにメリットやデメリットを見ていきたいと思います。メリットアコムの最大のメリットのひとつは、やはりその安心感です。電話での確認から本審査まで、利用者のプライバシーをしっかり守りつつ進めてくれるので、一度相談してみると非常に安心感があることがわかります。たとえば、家族や他の...

アコムの会員専用サービスは非常に充実していて使いやすいと評判です。会員専用ページから、「振込によるお借入のお申し込み」「インターネット返済」などのサービスがすぐに利用できる他、「明細書等の受取りサービス」や「eメールサービス」の登録・変更も可能になっています。明細書等のの受取サービスは、電磁交付とも呼ばれるサービスで、紙による明細書ではなくインターネット上で明細を見ることができるサービスです。これ...

消費者金融に関して、解約方法の情報は意外と少ないものです。アコムでは解約を希望した場合、当然ながらまずは借りているお金を全額返済することが必要です。アコムの店舗でなら、手数料も必要なく、その場で解約手続きが可能になりますので、スムーズな解約ができそうです。アコムでは解約方法は2通り用意されていて、それぞれ特徴が異なります。ですから、どちらが使いやすいか自分の状況と照らし合わせて考えて、よりよい方法...

消費者菌乳のアコムでは、アコム本体の店頭窓口やATMだけではなく、全国の金融機関やコンビニエンスストア・スーパーなどと提携して、多くの提携ATMでサービスを利用できるようになっています。提携しているATMでの利用手数料などは、提携先によって違いますので、ご自分が利用される提携先についてアコムのホームページなどから確認するようにしましょう。また、提携しているATMによって、少しずつ利用可能なサービス...

消費者金融には怖い取立てがついてくるというイメージはないですか?アコムのような消費者金融会社は、基本的にお客さんがお金に困ってピンチに陥っている人が多いです。そういう人に対して、銀行などは貸し出しは厳しいのですが、消費者金融ではこうした人たちに融資をしてくれるので多くの方が利用しています。そういう人が実際に多いので、CMも多く、街中にも店舗や広告が多く見られます。お金というものは、借りるのは簡単で...

消費者金融を利用するにあたって、初心者が一番恐れることのひとつが、他者にその利用を知られることです。その山場のひとつが、審査に必要となってくる在籍確認です。この在籍確認は、利用者の返済能力を確認するために、本当に資料にあるような会社に勤めているのかどうか確認するために行われています。ですから、審査のうえでは欠かすことができないのですが、利用者としては会社に電話をかけてしまうと周りにわかってしまうか...

アコムには、他社のローンを借換えして負担を軽減させるための借換え専用ローンという商品があります。複数ローンで困っている方であったり、借り入れ額が総量規制における年収の1/3を超えてしまっている方を対象にしたサービスとなっています。複数ローンを契約している場合、そのローンの金額をまとめてしまうことができれば金利が安くなる場合もあるのですが、融資枠の関係で難しいということがあります。そういった方はこの...

アコムといえば消費者金融大手で、メガバンクが親会社としてついていて、いろいろなノウハウを持っている企業として有名です。急にお金が入用になった際に、こうした消費者金融会社では融資を行っています。基本的にほとんどの人はこの融資を受けられるのですが、やはりアコムだとしても貸したお金はきちんと利息をつけて回収できなければ成り立ちませんので、最初から返せないと判断される人には貸し出してくれません。そのために...

消費者金融を利用する上で、返済期日は重要な問題です。アコムでは返済期日は「35日ごと」または「毎月指定期日」のどちらか一方から選ぶことができるようになっています。また、口座振替を希望する場合は「毎月6日」と定められています。35日ごとのの返済期日を設定した場合、返済期日は、前回の返済日の翌日から数えるようになります。そして返済を行うと、その翌日からまた35日後が次回の返済期限となり、これを繰り返し...

消費者金融のアコムでは、いくつかの条件を満たしていれば、インターネットや電話を通じて24時間いつでも最短1分で必要な金額を振り込んでもらうことが可能です。アコムのATMまで行く時間がとれなかったり、明日が公共料金の引き落とし日にも関わらず口座への入金を忘れてしまった、などの場合に大変便利です。この際、振込での借入の場合、後日「お取引明細書」が発行されて送られてきますので、きちんと管理することができ...

アコムの自動契約機といえば、有名な「むじんくん」です。この自動契約機があることで、その場で申し込みから契約にいたるまで可能になっています。アコムの申し込みについては、上記むじんくんの他、以下の方法でも可能です。・パソコン・スマホ・ケータイ・店頭窓口・電話・郵送さて、自動契約気むじんくんで申し込みをする場合、他の方法と比べて違いがあるでしょうか。まず、アコムのむじんくんは、タッチパネルを操作するだけ...

テレビでCMを行っている消費者金融の中でも地名度が高いのがアコムです。アコムのカードローン(キャッシング専用アコムカード)は、最短1時間で借入可能とその早さがとても魅力的なサービスになっています。ただ、消費者金融からお金を借りるとなると、気になるのがやはり金利です。アコムの金利について、以下で詳しくみていきましょう。アコムの金利は、実質年率4.7%〜18.0%で、これは貸金業法の適正範囲内となって...

大きなお金が動く契約を行うとき、いつも考えておかなければならないのが保証人です。ローンをする時や、部屋を借りる時などにも必要になってきますよね。お金を借りる時は、基本的に保証人を立てなければ当事者が返済できない場合に貸した側は大損してしまいます。ですから、消費者金融のアコムだとしても保証人は必要だと考えられます。しかしながら、アコムでは連帯保証人を用意する必要がなく、各個人とアコムの当事者のみで契...

お金を借りる際に、消費者金融からお金を借りるとなるとちょっと心配んある方もいるかもしれません。しかし、アコムの親会社は何とメガバンクの三菱東京UFJフィナンシャル・グループです。ですから、アコムは実はとても大きな資本力をバックにしている企業で、しかも三菱東京UFJフィナンシャルグループにもそのノウハウを提供して商品開発を行っているしっかりした企業なのです。昔は消費者金融でお金を借りることに後ろめた...

お金が必要なイベントは、なぜか週末に多いです。しかし、週末は銀行が開いていなかったりして困ります。また、実店舗をもっている消費者金融も、週末には営業していないことが多いです。しかしアコムであれば、土曜日や日曜日でもキャッシングが可能です。アコムの親会社は三菱UFJフィナンシャルグループという金融機関大手ですから、信頼性も高く、また安心感も一際高いことに定評があります。そのため利用者も多く、多様な利...

パートやアルバイトの立場ですと、どうしてもお金に困る機会も多くなりますが、一方でお金を借りるという立場になると不利とも考えられます。アコムでは、こうした立場では借り入れは可能なのでしょうか?結論としては、アルバイトやパートでもアコムでキャッシングを申し込むことは可能です。ただ、無条件ではなく、一定の条件を満たす必要がありますので、以下に整理してみましょう。アコムでは、一定以上の収入があればお金の借...

金融機関や信用調査機関では、通称「ブラックリスト」と呼ばれるものがあると言われています。このブラックリストは、お金を借入しているにもかかわらず、返済が滞っていたり、複数の業者から融資を受けて金額が大きくなり、返済能力に比して不相応な状態になっている人やそうした履歴のある人が記録されています。このブラックリストに載ってしまった人は、その先借入が必要になった場合は消費者金融などからお金の借入ができるの...

消費者金融は外国の方にはあまりなじみもなく、使う機会もそれほど多くないのかもしれませんが、実はアコムでは外国人の方であっても、一定の条件さえ満たしていれば、お金の借入を行うことが可能です。その一定の条件とは、日本人の場合と同じで「安定した収入」があることが第一ですが、加えていくつかの条件がありますので、実際にキャッシングを利用するのはそう簡単ではないようです。まず、アコムが定めている「安定した収入...

金融機関では不動産を担保にしてローンを組む、ということができる場合もあります。消費者金融のアコムでも、そういった不動産担保ローンの商品があって活用できるようになっています。アコムでは原則、連帯保証人は不要としていますので、手軽に利用できるのが特徴です。不動産担保ローンの詳細についてご説明いたします。アコムの不動産担保ローンでは、貸付利率は9.00%から14.60%に設定されています。これは業界内で...

アコムの即日融資は大変便利なサービスです。アコムの即日振込は平日14:00までにオンライン契約を完了することが条件になっていますが、こうした即日振込のサービスがないところや、オンライン契約の締めきりも正午に設定されているところもある中で、利用者に有利な条件と言えるでしょう。アコムの即日カード発行は多数の設置台数のむじんくんにより可能性が高いアコムのむじんくん(自動契約機)の設置台数は三井住友銀行、...

自営業だと、金融機関の審査は厳しくなると言われています。それは、会社員と比べて安定収入の見込みがないということが言われているからですが、そうした自営業の人だとアコムで融資を受けられないのでしょうか?今のご時勢、正社員にしろ自営業にしろ、「安定」していることはほとんど無いので、自営業の方からするとこうした見られ方は不愉快かもしれません。しかしながら、金融機関は最終的にお金を回収できなければなりません...