キャッシング即日と総量規制

MENU

キャッシング即日と総量規制


お金が足りない時に簡単な申し込みですぐに融資をしてもらうことの出来るキャッシングですが、貴方はどのような時に利用しようと考えていますか?それは人それぞれだと思いますが、多くの人は生活費に当てられているかと思います。

 

中にはギャンブル資金を調達するためにキャッシングを利用している方もいますが、これは絶対に止めてください。そもそもキャッシング会社は、「返済目的」「ギャンブル資金」といった目的での融資は禁止されています。しかし使用用途が自由なのでキャッシング会社からしてみれば、契約者がどのようにお金を使用するのか把握することが出来ません。

 

言うならば建前上、このようなルールが決められているだけですが、これは将来を左右する大切なルールですので、キャッシング利用者がきちんと自覚をしなければいけないことです。

 

数年前から多重債務者が社会問題となっています。複数社からキャッシングをしてしまい、返済出来ない状態が続き、その返済をするために別のキャッシング会社からまた借りる…。最終的に自己破産となり、人生が大きく変わってしまいます。

 

このような現状から、総量規制と呼ばれる規制が定められました。これは個人向けの貸付に対して決められているものであり、当然キャッシングはこの個人向けの貸付となります。総量規制によって年収の3分の1までしかキャッシングをすることが出来なくなり、これを超える限度額はキャッシング会社も設定することが出来ません。

 

ただしいくら3分の1までキャッシングをすることが出来ると言いましても、キャッシング会社によっては、そこまで融資枠を設定してくれるとは限りません。300万円の年収の場合、総量規制で100万円までとなりますが、審査をすることで融資のリスクがあると判断された場合には、10万円や20万円となることもあります。しかしこれらはキャッシング会社はもちろん、申込者のためでもありますので、素直に受け入れるしかありません。