即日融資のためには時間を計算する必要あり

MENU

即日融資のためには時間を計算する必要あり


カードローンは、急にお金が必要になった時に助かりますが、そういう時に限って気がつくのが遅いのはどうしてなんでしょうか。ある意味、永遠の謎です。記憶に残るただの印象なんでしょうけど。

 

さて、今日お金が欲しいという時にすぐに融資を受けることは可能なのか?そのためには、何時までに申し込めば可能なのかを調べてみました。

 

 

まず申し込み時間に関してですが、今はPCやスマホでのネットで申し込む事が出来るようになったのでだいぶ便利になりました。それに伴って、受付も24時間365日申込ができる業者が増えています。しかし、これはあくまでも申込の話であって、申込みと入金は一致しません。借入をするには審査を通過しないといけませんが、審査を金融機関で行う時間も回答の通知をしてくれる時間も24時間ではありません。

 

カードローン業者の多くでは、会社によって多少の違いはあれど、審査回答時間は9:00〜21:00の間に時間帯を取っているそうです。ですから、この時間内に審査を通過しておけば当日の融資を受けることができるということになります。だからと言って21:00ギリギリに審査を受けてしまったら、審査が間に合わずに翌日に結果が回されてしまい、融資が翌日にずれ込むことが予想されますので、必要になそうなことが分かってたらあらかじめ申し込みだけはしておくことをお勧めします。

 

どうしても時間がギリギリになるという方は事前に連絡しておくと、もしかしたら対応してくれる場合もあるかもしれません。もちろん、その場合は有人の店舗か電話窓口になりますので、機械には無理を言わないように。
カードローン業者の多くでは、こうした時も親身になって対応してくれますので、これによって助かっている人も多いようです。

 

 

また、申込み時間が間に合ったとしても、審査の中で必要な在籍確認が電話で行えない時間で審査が翌日になってしまうことこともあります。しかし、そういう場合でも電話での在籍確認以外に書類で済ます方法もあるので心配することはありません。ただ、その際には事前に在籍確認を書類で済ます旨を業者に伝えておいて、書類を用意しておきましょう。そうしなければ、審査が間に合わないと即断されて翌日になる場合もあります。

 

 

用意する書類は以下のようにその会社にいることを証明できるものです。

 

  • 給料明細書
  • 社名が入った健康保険証
  • 社員証
  • 源泉徴収票

 

業者によって多少違いはありますが、上記のようなものがあれば大丈夫でしょう。この中で一番簡単に用意できるものを挙げるなら、やはり健康保険証でしょう。
業者によっては上記の中から複数の書類を求められることもありますので、事前に連絡して必要なものを確認し、最大限調整してみてください。ひとつだけでも出せば、他は後日でもいいという場合もあり、けっこう柔軟に対応してもらえることがあります。

 

即日融資を受けるためには、考えておかなければならないことは多いですが、相手が審査をするということを念頭において、申込み時間や審査に必要な書類を準備しておくことが大切です。本当にスムーズに融資を受けるには、多少のコツと経験が要りますから、事前準備をしっかり行っておくようにしましょう。