ヤミ金に引っかからないようにする方法

MENU

ヤミ金に引っかからないようにする方法


お金を借りる際に気をつけなければならないのが、ヤミ金です。とはいえ、普通にお金を借りようとしていれば、ヤミ金と触れ合うことはまずありません。
では、どうしてヤミ金業者にひっかかってしまうのでしょうか?

 

それは、普通では借入ができないような人が借り入れを行おうとするからです。

 

街中でこのような広告を見つけたことはありませんか?
「ブラックでも借入可能」
「生活保護を受けていても融資します」
「収入がなくても融資します」

 

これらの謳い文句でお金を貸す業者はまず間違いなくヤミ金業者です。というのも、これらの人たちは普通の金融機関ではお金を借りることができないのです。

 

融資を受けるための条件に、安定した収入を得ているというものがあります。また、審査の際に、信用情報というものを使って、きちんとん返済をしてくれる人か判断します。

 

この審査の際に、ブラックの場合、信用情報の審査でひっかかります。ブラックというのは、以前に返済などでトラブルを起こした人のことです。信用情報は過去5年分は残るので、トラブルを起こしてから5年間は普通の金融会社からは借り入れが行えないのです。

 

また、生活保護を受けている人間や収入のない人間は、返済能力なしという判断になり、融資を受けることはできません。

 

安定収入のない人にもお金を貸す、と謳うのは、ヤミ金業者なんです。こういった人々が何とかお金を借りようとするとヤミ金業者につかまってしまうのです。

 

これらの謳い文句の他にも低すぎる金利などもヤミ金業者の特徴です。ヤミ金業者は何でもありなので、嘘の金利でおびき出して、契約を結ばせ、いずれ膨大な金利でお金を巻き上げていくのです。

 

また、審査をしないと謳っていたり、審査が甘いことをおしたりするのもヤミ金業者です。
審査というのは、お金が返ってくるのかを見極める重要なもので、それを行わないということは、最初から普通に返済されることは考えていない、とも取ることができます。ヤミ金業者であれば、恐喝や脅しなどを用いて、あらゆる手段でお金を巻き上げますので、返済能力は大して関係ないのです。

 

また、金融会社が行う審査は、顧客のためでもあることを理解してください。

 

審査で、適正な限度額を設けたり、場合によっては融資を断ったりするのは、その人の返済能力を見て、返済できるかできないかを見極めた結果なのです。そのため、審査に落ちたということは、返済をすることができない可能性があることを教えてくれているのです。

 

最近では、貸します詐欺というものも登場しています。お金を貸すよ、と近づいてきて、保証金が必要だと言って保証金だけを受け取り、逃げていくのです。この貸します詐欺も、審査が無かったり、本当はお金を借りることができないような人に貸せると言ってきたりします。
相手が言うことが現実にあり得ることなのか、良く判断するようにしましょう。