資金調達のための事業用即日融資カードローンについて

MENU

資金調達のための事業用即日融資カードローンについて


自営業の人のためのカードローンというものがあります。

 

自身で資金調達をしなければならない自営業の人はカードローンの利用もお勧めです。というのも、仕事のためにお金を借りるというのは本来大変なことだからです。事業のためにお金を借りるときに主に利用されるのは、銀行ですが、銀行は個人向けのカードローンに関しても、審査が厳しく、事業に関する借入も審査が厳しいです。

 

例えば、決算書類などでどれほどの儲けがあるかを示して、自身への出資が有意義なものであると説明する必要があり、どのような取引をしているのかも報告しなければなりません。

 

しかし、カードローンであればこれらを行う必要がありません。

 

資金調達も気軽に行えるのはありがたいことです。いちいち書類を作っていたのでは、時間がもったいないです。個人事業主は、少しでも多くの時間を事業のことを考えるために費やさなければなりません。また、書類をわざわざ作る手間がない分、事業主向けのカードローンを使えば、仕事に専念することができるのです。
ただ注意していただきたいのは、審査は必ず受けなければならないということです。いちいち報告する必要はありませんが、当然、審査を受けなければ融資は受けることができません。

 

この審査に関していくつか説明したいと思います。

 

普通、事業のことでお金を借りる際には、その事業の大きさが重要視されると思いますが、こと事業主向けカードローンに関しては、そういうことはあまり関係がありません。

 

重要なのは、普通の個人向けカードローンと同じく、返済能力や信用情報なのです。つまり、小さい事業をやっているからといってカードローンの審査に通りにくくなるというわけではないということです。

 

個人向けカードローンとの大きな違いは、限度額です。個人向けのカードローンと事業向けカードローンでは、必要となる額が当然違ってくるはずです。それに対応する為に、事業向けカードローンは限度額を大きめに用意しています。この限度額を、審査に受かれば、自由に引き出せるようになるというのは非常に魅力的です。

 

事業によっては屋号や会社名がない場合もあるかもしれません。そういう場合にも事業向けカードローンを利用することができます。その場合には、自分の名前を書くだけでよいです。事業規模が問題にならないのと同様に、こういったことが審査に影響を与えることはないので安心してください。

 

また、ご存知の方も多いかと思いますが、賃金業法に総量規制というものがあります。これは、自身の年収の3分の1を超える融資は受けることができない、という法律です。しかし、事業向けのカードローンはこの総量規制の影響を受けません。というより、この総量規制に縛られてしまっては、事業のためになるような金額のお金を引き出すのは難しいでしょう。
そのため、個人事業主で個人のカードローンもお持ちの方は、組み合わせて使うことができます。

 

カードローンの特徴としてもう一つのメリットが、担保が必要ないということです。銀行から事業としてお金を借りるときには担保が必要となりますが、その担保を用意する必要がないのです。
使用目的が限定されないので、あまり好ましいこととは言えませんが、自分のために利用しても構わないということになります。もちろん、そのために融資を受けるのはやめた方が良いですが、緊急であれば、しかたないでしょう。

 

引出方法や返済方法は個人向けのカードローンと同じで、コンビニATMが利用できます。必要であれば、利用を考えてみるとよいでしょう。

 

 

 

事業用即日融資

事業用の即日融資には、もうつ方法があります。
それはファクタリングという方法で聞き覚えがないかもしれませんが、売掛金を買い取ってもらうサービスで、最短では即日融資が可能です。

 

事業用で即日融資が必要な場合というのは、売掛が月末になったら入ってくるのにそれまでの買掛が払えない。ということが多いかと思いますがそんな時に最適で、売掛金のある法人、個人事業主、創業1年未満の企業、赤字決算の企業などでも受けることができますのでとりあえず事業資金で金策したいと言う場合は検討してみる価値はあるかと思います。

 

ファクタリングのおすすめなポイントはほかにもあって、融資を受けられる額が、最大で1億円まで(もちろん売掛金の額によります)、さらに、信用情報とは関係ない融資なのでほかで融資を受けてる場合でも関係ありませんし、税金や社会保険を滞納してる場合でも問題になりません。また、弊社のおすすめする業者では、取引先にファクタリングをしてることを知られることもありません。

 

売掛はあるけど。融資が受けられなくて困ってるときは、ぜひ申し込んでみてください。まずはWEBで情報を連絡するほうがスムーズに話ができると思いますので、まずはWEB申し込みから!

 

 

▼おすすめのファクタリング申し込みサイト▼