収入証明書が必要な場合と不必要な場合

MENU

収入証明書が必要な場合と不必要な場合

最近では、多くの金融会社が即日融資を行っています。

 

即日融資は急な出費などですぐにお金が必要な時に助かります。

 

現に、これだけ多くの金融会社で即日融資を行っているということは、それだけ利用者が多いということの表れでもあります。

 

しかし、即日融資にもいくつか条件があります。
その中で最も注意しなければならないのが、申し込みの時間です。

 

即日融資といっても、当然、審査は行います。
その審査には時間がかかりますので、即日融資を希望する場合、早めに申し込みをしておかなければなりません。

 

その時間は金融会社によってばらつきはありますが、遅くとも昼の3時にはもうしこみをおわらせておかなければならないというところが多いです。

 

しかし、申し込みにはいくつか書類が必要となってくるため、その時間までに準備するのが難しいということが起こり得ます。

 

特にそうした問題が多いのが、収入証明書です。
収入証明書の提出は、義務です。
賃金業法でもこのことは定められており、この法律を破ることはできません。
収入証明書の提出がまぬがれる条件は、全ての貸金業者からの借入額が100万円以下で、1社からの借入額が50万円以下というものなので、これを満たさない場合には必ず収入証明書を用意しましょう。

 

収入証明書が不要、と言われた場合は、その業者との契約は絶対に結んではいけません。
その理由は、そんなことを言うのはヤミ金業者だけだからです。

 

ヤミ金業者は当然、法律などは守りません。
契約さえさせてしまったら、後は好き放題にお金を巻き上げていきます。
ヤミ金業者につかまらないためにも、きちんとルールを守るようにしましょう。

 

ヤミ金業者につかまらないためには、大手の金融会社を用いるのが一番良いです。
大手の金融機関であればサービスも充実していますし、安心して利用できます。

 

また、どうしても収入証明書が用意できない場合は、銀行を利用するのがお勧めです。

 

賃金業法は銀行には適応されないからです。

 

賃金業法のひとつに、総量規制というものがあります。
総量規制は、自身の年収の3分の1を超える金額の融資をうけることはできない、という法律で、この法律も消費者金融などでは適応されるため、大きな金額の借入がしたい場合、消費者金融では難しいのです。

 

銀行カードローンを利用する人の多くは、この総量規制にかかってしまうような額を借りようと思っている人や、消費者金融の金利に比べると銀行カードローンの方が金利が小さいことが多いので、金利を抑えようと思っている人なのですが、収入証明書が用意できないから銀行カードローンを利用するというのもひとつの手です。

 

もちろん、銀行カードローンであれば収入証明書が絶対に必要ないというわけではありません。
それぞれの銀行でルールがあるので、しっかり調べるようにしましょう。

 

代表的な銀行カードローンに関していくつか例を挙げてみましょう。
楽天銀行カードローンや、三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローンでは、借入金額300万円以下であれば収入証明書は不要となっています。
他に、みずほ銀行カードローンは200万円以下、りそな銀行カードローン、東京三菱UFJ銀行では100万円以下が収入証明書が必要ないとされている額です。

 

注意しておいていただきたいのは、これ以下の額でも、場合によっては収入証明書は必要なこともあるという場合です。
きちんと調べて、場合によっては受け付けに尋ねてみましょう。

 

では、収入証明書を用意するときは、どのようなものを用意したらよいのでしょうか。
収入証明書とは収入を証明できるものの総称なので、パスポートのようにきちんとした書類があるわけではないのです。

 

収入を示すことができればよいのですが、これで本当に大丈夫なのか、と心配になってもいけないので、どのようなものを用意すればよいかご紹介します。

 

・給与証明(最近のもの2カ月分を用意するようにしましょう)
・確定申告書
・所得証明書
・住民税決定通知書
・源泉徴収票

 

これらが収入証明書と呼ばれる書類たちです。
ただ、どれを利用できるかは金融会社によって変わってきます。
あらかじめ調べておいて、どれを用意すればよいのかを知っておきましょう。
もし調べないで申し込みに行くのであれば、いくつかを持っていくことをお勧めします。
申し込みの際に足りない、となってしまうと、申し込みに大変時間がかかってしまい、即日融資などがしてもらえない可能性があります。