申し込みの時間を考えなければ即日融資をしてもらえない可能性があります

MENU

申し込みの時間を考えなければ即日融資をしてもらえない可能性があります

最近のカードローンの多くは即日融資をウリにしています。

 

というのも、お金を借りる人の多くは急にお金が必要になったという人が多いからです。

 

普通に生活していって徐々にお金が足りなくなっていったのであれば、お金を借りると余計に生活を圧迫してしまう可能性もあり、あまり融資を受けることをお勧めできません。

 

それに対し、急用でお金が必要になった、という人であれば、その後の返済プランも生活に支障をきたすことなく立てられるでしょうし、そういう人を金融会社はターゲットにしています。

 

急にお金が必要になったのであれば、即日融資してもらえるというのは大きな魅力です。
即日にお金が手に入るということの魅力は、即日融資を行っている金融会社の人気具合、またその数の多さからもうかがえます。

 

では、即日融資をしてもらう際に重要なことは何でしょうか。
それは時間です。

 

即日融資といっても、当然、審査は必要で、申し込みから融資までは時間がかかります。

 

極端な話をすれば、日付が変わる直前に申し込みをしたのでは、即日融資を受けることはできません。

 

最近では、お金を借りる人が増えてきています。
これは、お金に困っている人が昔に比べて増えたというよりは、賃金業法の改正などでお金を借りることへの抵抗が小さくなりつつあるということを示しています。

 

そのため、申し込み方法も多様になっており、店舗で直接申し込んだり、無人契約機を用いたりするだけでなく、インターネットなどでも申し込みが可能になりました。
インターネットであれば、どこからでも申し込みが可能ですし、人に会う心配もありません。
年中いつでも、時間を問わずに申し込みが可能になっています。

 

しかし、即日融資をしてもらいたい場合、それぞれの会社で決められた時間までに申し込みをする必要があります。

 

その理由は、金融会社の営業時間にあります。
当然、いつでも金融会社が審査の体制万全で待ち構えているわけではありません。
審査回答時間というものがあり、この間にのみ審査の結果を伝えてくれるのです。
この審査回答時間は金融会社によって変わってきます。
そのため、それぞれの金融会社の情報を良く調べて、何時までに申し込みをするかを考えなければなりません。

 

審査にも時間がかかるので、審査がこの審査回答時間の間に終わらなければならないのです。

 

お金が必要な前日などであればとりあえず申し込んでおけばよいのですが即日融資が必要な場合、間に合う金融会社を選ばなければなりません。

 

審査にかかる時間もバラバラなので、早めに申し込んでおくに越したことはありませんが、中には、急用でぎりぎりの時間に申し込みになってしまうこともあるかもしれません。
そういった場合には、その旨を電話などで伝えておくのが良いでしょう。

 

金融会社も利用者を拡大したいはずですので、柔軟に対応してくれる可能性は高いです。

 

審査に関しての注意が2点あります。

 

まず、書類についてです。
当然書類に不備があれば、審査を通ることができません。
書類が足りないと言われてから用意するのでは時間のロスがあり、そのせいで即日融資ができない可能性があります。
必要な書類はあらかじめ調べて、きちんと用意しておきましょう。

 

次に、在籍確認についてです。
在籍確認とは、勤務先に本当に勤務しているか調べるために、金先に電話をかけるというものです。
この在籍確認を行うためには、勤務先が電話を取れる状態であることが必要です。
勤務先の営業時間なども考えて申し込みをしなければ、即日融資ができない可能性があるので注意してください。