即日融資はアルバイトやパートでも受けることができるのか

MENU

即日融資はアルバイトやパートでも受けることができるのか

以前はお金を借りる、というととても敷居の高いことでしたが、最近では賃金業法の改正によりお金を借りやすい環境が整えられたので、多くの人が金融会社からお金を借りています。

 

お金を借りる人に多いのが、急な出費が必要になった、という人です。
普通に過ごしていてお金が足りなくなったのであれば、お金を借りることによって余計に生活が苦しくなることもありますが、このような人は一時的にお金が必要なだけなので、きちんとした返済プランさえ持っていれば、融資を受けても問題ないでしょう。

 

お金を借りるときに必要なのが返済能力、信用情報です。
これらに問題があるとお金を借りることはできません。

 

正社員のような収入の安定している人間であれば、融資を受けやすいのですが、アルバイトやパートではどうしても審査に通るのが難しくなってしまいます。

 

では、審査に通るために必要なものや、審査ではどのようなところがみられるのかをいくつかご紹介したいと思います。

 

1、収入が安定している事

 

最も重要なのは、収入です。
収入はそのまま返済能力を表すことになるからです。

 

しかし、アルバイトやパートは収入が安定してないのでは、と思う人も多いと思いますが、そこまで気にすることはありません。

 

契約の形態によって融資が受けられないということはほとんどありません。
重要なのは、きちんとアルバイト先やパート先から定期的に給料をもらっているのか、ということです。

 

収入を考える際には、勤続年数というものも重要です。
その勤務先にどのくらいの期間在籍しているか、というもので、きちんと長期間勤務していれば、収入は安定していると考えられます。

 

ただし、勤続年数が重要になる、ということは、短期のバイトや単発のバイトは不利になるということです。
短期のバイトであればまだ融資を受けられる可能性はありますが、単発の場合は、ほとんど不可能といっても過言ではありません。

 

無職の場合、まず融資を受けることは不可能だと思ってください。
そもそも、融資を受けても返済することができないので、融資を受けようとすること自体が間違えています。

 

無職の場合でも、専業主婦であればわずかながら可能性は残っています。
夫の収入でお金を借りることができるケースもなくはないです。
しかし、そのような場合は、夫にお金を借りてもらうのが一番手っ取り早いでしょう。

 

また、保証人制度は最近のキャッシングでは利用されていません。
保証人をつければお金を借りられる、というわけではないので注意してください。

 

2、収入があることを証明できること

 

当然ですが、私はこれだけの収入があります、というだけでは何の証拠もないので信じてもらえるはずもありません。

 

きちんとした審査を受けるので、必ず、収入証明書などの収入があることを示せる書類を準備してください。

 

これがなければ、当然、返済能力なしとみなされるので、審査に通ることは拭く安納です。

 

中には、現金を手渡しで渡されるので収入証明書がない、という人もいるかもしれません。
収入証明書がなければ融資を受けることはできないので、こういった場合には、収入を証明する手段を考えてください。

 

3、信用情報に問題がないこと

 

初めてお金を借りる、という人にはあまりないことかもしれませんが、信用情報に問題があると、審査を通るのは難しいです。

 

具体的にどのような問題なのか、というとブラックリストに載っている、といったようなものです。

 

ブラックリストとは、クレジットカードの支払いや、借金の返済、公共料金の延滞などが長い間続いたときに信用情報についてしまうデータのことです。
ブラックリストに載ってしまうと、ローンやクレジットカード、キャッシングなどは絶対に使うことができません。

 

信用情報は5年間ほど残ります。
この5年間が過ぎると、信用情報が真っ白になるので、またローンアンドを利用できるようになります。
ここで注意が必要なのが、信用情報が真っ白の状態をホワイトと呼び、過去にブラックリストに載ったのではないか、と疑われてしまうという点です。

 

クレジットカードやローンを全く利用してこなかった人も、このホワイトになってしまうので、ブラックリストに載ったことがある人と区別がつかなくなってしまうのです。

 

つまり、ローンなどを全く使ってこなかった人も、はた迷惑な話ですが、審査に受かるのが難しくなってしまうのです。
当然成人したての人などの若い人はブラックリストだったと疑いをかけられることは少ないですが、中年などでホワイトの場合、注意が必要です。

 

そういった場合は比較的審査の緩いクレジットカードなどで返済実績を積むのがお勧めです。

 

また、ブラックリストに載らずとも、返済の延滞などは信用情報に残ります。
そういったことが重なっているようであれば、当然、審査に受かるのは難しくなります。

 

きちんと支払いができている、というのは何よりの返済能力の証明になるのです。

 

 

また、信用情報には他の金融機関からの借入も記載されています。
そのため、多くの借金を既に抱えている場合も審査には受かりにくくなります。

 

そもそも、総量規制という法律により、借入額は年収の3分の1を超えることができない、と定められているので、多くの金融機関からお金を借りる必要はほとんどありません。
借金の借入先をいたずらに増やしても、返済の管理が大変になるだけです。

 

4、適切な希望金額であること

 

キャッシングなどを行う際には、どのくらいの金額を希望するかもきかれます。
お金を借りる際には、当然ながら、額が大きければ大きいほど返済は大変になります。
利息は元金に対してかけられるからです。

 

返済が大変になるだけでなく、希望金額が大きいと、審査も厳しくなります。
それは当然といえば当然です。
貸した金額が大きければ、回収できなかったときの損害が大きいからです。

 

もし、大きい金額の借入を望むのなら、少額の借入から始めて、返済実績を積んでいきましょう。
きちんと返済ができる人間だとみなされれば、いずれ利用可能額を大きくしてもらえます。
また、自分にとっても、返済の仕方を覚えることができるので、そんな話ではないはずです。

 

5、必要な書類をきちんと集めておくこと

 

意外と、書類の不備で審査に受かることができなかったという人が多くいます。
必要な書類は簡単に調べることができます。
HPを利用してもよいですし、電話で直接訪ねることもできます。

 

あらかじめ必要な書類のリストを作っておき、不備がないかきちんと確認しておくようにしましょう。

 

また、必要事項の記入に不備があって審査に通れないこともあるそうです。
きちんと間違いなく記入するよう心がけましょう。

 

 

銀行で借入を行うのであれば、その銀行の口座を開設しておくことをお勧めします。
そうすることで手続きが楽になることが多いからです

 

 

 

以上5点を理解して、申し込みをするようにしましょう。