即日融資は生活保護を受けている状態でも受けられるのか

MENU

即日融資は生活保護を受けている状態でも受けられるのか

即日融資に限らず、融資を受けるためには安定した収入が必要です。

 

貸金業者は、お金を貸して、利息をつけて返済してもらうことで利益を得ます。
ですので、最低でも、貸した分のお金は返ってこなければ赤字なのです。

 

貸したお金が返ってくる可能性として、返済能力を審査しているのです。
そのため、安定した収入がなければ、返済をする余裕がなく、返済してもらえる可能性が低いので、融資を行わないということなのです。

 

収入が安定していなくても、カードローンなどを利用することができるケースがいくつかあります。

 

まず、学生です。
当然成人していなければお金を借りることはできないのですが、成人していれば多少収入が不安定でもお金を借りることができます。
アルバイトなどで収入があれば審査を通ることもそんなに難しくはないでしょう。

 

学生であれば、卒業して、就職してからもカードローンを利用してくれる可能性があります。
利用してくれる人間を少しでも増やすために学生にも融資を行うことが増えてきています。

 

次に専業主婦です。
専業主婦が消費者金融などでお金を借りるのは難しいですが、銀行のカードローンであれば、夫の収入を利用して融資を受けることができる場合もあります。
しかし、この場合は夫が直接お金を借りた方が話が早い場合がほとんどです。

 

では、同じように安定した収入のない生活保護を受けている人はどうなのでしょうか。

 

たまに、生活保護を受けていても融資できるとうたっている広告などを見かけますが、あれは本当なのでしょうか。

 

確かに、生活保護を受けている人は、安定して国からお金をもらっています。
しかし、これは自身の収入ではないですし、その生活保護でもお金が足りないから融資を受けようとしているわけなので、基本的に融資を受けることは不可能です。

 

例外としては、フルタイムでは働いていないという場合です。
怪我などによって、働く時間が短くなってしまっている場合、生活保護で生活費を補っている人がいます。
この場合は収入があるわけですから、キャッシングやカードローンに申し込むことが可能なはずです。

 

確かに、このようなケースであれば、申し込むことはできますが、審査に通るかは別の話です。
少なくとも、普通のアルバイトなどより審査は厳しくなるでしょう。

 

完全に生活保護だけで生活している人間は、融資を受けることなどできません。
しかしこれはあくまで、きちんとした貸金業者に限った話です。

 

ヤミ金業者などの、他人のことなどお構いなしの業者は、生活保護を受けている人間にもお金を貸します。
ヤミ金業者は、お金を得ている人間であれば、そのお金が何のお金かということは気にしないため、お金を貸して、生活保護でもらったお金を巻き上げていきます。

 

当然、ヤミ金業者につかまってしまうと、どうあがいても損をします。

 

ヤミ金業者はお金を巻き上げるだけでなく、周りの信用も失わせます。
そうすることで、自分たち以外に頼ることができないようにするのです。
脅しも恐喝も何でも使うので、決して関わってはいけない人間です。

 

生活保護のお金で生活ができないのであれば、自身の収支を見直すべきです。
それでも足りないなら、ヤミ金業者ではなく、行政機関に相談するとよいでしょう。