即日融資を受けるのは学生でも大丈夫なのか

MENU

即日融資を受けるのは学生でも大丈夫なのか

最近では、学生で消費者金融などを利用している人も少なくありません。

 

賃金業法などの改正により、安心してお金を借りられるようになったことで、お金を借りることへの敷居は確実に下がってきています。
学生以外にも、主婦などの利用も目立ってきました。
以前はお金を借りる女性は少なかったですが、最近では確実に女性の利用者も増えつつあります。

 

 

そんな時に気になるのが、学生のように返済能力が高くない立場の人間でも即日融資を受けることができるのか、ということについてです。

 

お金を借りるときに重要なのは返済能力です。
返済能力がなければお金を借りることはできません。
学生であれば、正社員のようにフルタイムで働くことは難しいですし、時給なども高くはないはずです。

 

消費者金融での融資は、成人であれば受けることができます。
学生であっても、成人であればお金を借りる資格はあるということになります。

 

返済能力についてですが、アルバイトなどをしていれば、返済能力が全くないとは思われないので、お金を借りることは可能です。
ただし、その収入がある程度安定していることが必要です。
日雇いなどはあまり返済能力が高いとはみなされません。
また、バイトでも短期契約などで働いている場合は当然審査に受かりにくくなってしまうので、長期契約のバイトをしておくことをお勧めします。

 

また、勤続年数なども重要な判断材料になっています。
勤続年数が長いほど、収入が安定していると判断されるのです。

 

しかし、学生ですのでそこまで大きな額を稼ぐのは難しいでしょう。
消費者金融などにもよるのですが、10万円くらいの給料を毎月貰っていれば、融資を受けられる可能性は十分にあります。

 

収入に関しては様々な情報を総合して判断するので、審査を受けてみるのが一番です。
上記を満たしているようであれば、そこまで心配は必要ないかもしれません。

 

注意していただきたいのは、返済能力は本人のもののみ判断されるというのがほとんどです。
親がお金を稼いでいるから、というような理由で審査に通ることは難しいです。
また、そのような親頼みの返済方法を考えているのならば、お金を借りるべきではないです。
お金を借りるという行動は、必ず計画的に行わなければなりません。
自身の力で、確実に返済できるという状況以外はお金を借りても余計自分の生活を苦しいものにしてしまうだけです。

 

ただし、返済能力があっても、他の支払い状況に問題があると審査には通りにくくなってしまいます。
例えば、公共料金の未払い、他の消費者金融での借入、その延滞などです。

 

また、学生であれば、親からの援助を受けるというのも考えてみてください。
親からの援助であれば、利子の交渉などもできますし、なにより、安心できます。
どうしても利用しなければならないというとき以外はお金を借りないようにするのがお勧めです。

 

金融機関にお金を借りて、返済が滞ってしまうとブラックリストに入ってしまい、以降5年の間、信用情報に大きな傷がついてしまいます。
学生は収入も少ないので、返済も大変だと思うので、しっかり考えてからお金を借りるようにしましょう。