知っておかなければならない総量規制について

MENU

知っておかなければならない総量規制について

カードローンを活用する際に、総量規制というものがあります。
総量規制とは、金融機関から借りることのできるお金の総額を規制するものです。
原則として借入総額を借りる人の年収の3分の1までと制限をします。
具体的にいうと、借りる人の年収が300万円の場合は借入総額は100万円まで、年収が450万円の場合は借入総額は150万円までというように設定されます。

 

ここでの年収というのは、年金や給与などの安定した収入のことを指しています。
ですから、宝くじやパチンコなどの一時的な収入は、ここでの年収には含まれません。
年収のない専業主婦などは、配偶者の同意書がない場合はお金を借りることができません。

 

また、総量規制は法律で定められています。
クレジット会社、消費者金融、信販会社の貸金業者に対して定められたものです。
ですから、この規制を違反した場合はお金を借りた側ではなく、お金を貸し出した側が処分の対象になります。
しかし、銀行は適用外です。
ですから、銀行が提供する自動車ローンや住宅ローン、高額な医療費のための貸付などは規制されません。

 

さらに、貸付契約には4種類あります。
法人向けの貸付、法人向けの保証、個人向けの貸付、個人向けの保証です。
このうちの個人向けの貸付が総量規制の対象となります。
個人の貸付ですから、1社からの借入が年収の3分の1というわけではありません。
複数の会社でお金を借りた場合は、借入の合計金額が年収の3分の1となります。

 

この規制が定められる以前は、返済のことを深く考えず、ついついお金をたくさん借りてしまう人が多くいました。
そのため、利息も膨らんでしまって返済が困難になるという事態に陥ってしまう人もいました。

 

しかし、総量規制によって年収を超える借入ができないようになりました。
そのため、返済に関するトラブルなどを回避することが可能となりました。

 

しかし、この規制によってトラブルが完全に回避できるわけではありません。
例えば、クレジットカードによるキャッシングは総量規制が適用されますが、クレジットカードでの買い物枠は適用されません。
ですから、クレジットカードで買い物をする場合は気を付けなくてはなりません。

 

どのような形であれ、お金を借りる場合は返済が可能である範囲で行うようにしましょう。