融資詐欺にひっかからないためには

MENU

融資詐欺にひっかからないためには

悪い人間というのはどのようなものでも利用するものです。
お金を借りたい、という切実な願いを悪用する融資詐欺というものが存在するようです。
融資詐欺は、お金を貸すと言って近寄ってきて、お金をだまし取っていくそうです。

 

ヤミ金のようなものか、と思いますが、手段はその逆といってもよいでしょう。
ヤミ金のやり口は、お金を一時的に貸します。
その借金の返済をする時に、違法な金利で出された利息を求めてきたり、脅迫のような手段を用いて取り立ててきたりするのです。
そのため、お金をだまし取られるというより、後々に搾り取られるという表現です。

 

それに対し融資詐欺は、お金を貸しません。
具体的には、まず、お金を借りられない人にお金を貸すと提案してきたり、有利な条件でお金を貸すと提案してきたりします。

 

お金を借りられない人、というのは例えばブラックリストに載ってしまっている人だったり、収入のない人だったり、審査にどうしても受かることができない人だったりします。
有利な条件というのは、金利が小さかったり、審査が無かったり即日融資が可能だったりというものです。

 

お金に困っており、お金を借りるあてがなかった人たちはついつい食いついてしまうというわけです。

 

しかし、どうやってお金をだまし取るのでしょうか。
それは保証としてだまし取っていくのです。

 

例えば、保証人が必要だと提案します。
多くの人は借金の際に保証人を立てるのをためらうはずです。
そこに、保証人がいなくても、保証金があればよいという提案をするのです。
お金で済むのなら、と保証金を払ってしまうと、そのお金を持って逃げられてしまうのです。

 

こういった詐欺に引っかからないためにも、甘い言葉には注意するようにしましょう。

 

ブラックリストに載っていても大丈夫、などというところはほぼ間違いなく詐欺です。
金利が異常に低く設定してあったり、収入がなくてもお金が借りられると言ってきたりするようなところも良く調べるようにしましょう。

 

もともと、審査などは金融会社だけでなく、お金を借りる側のことも配慮して設けられているものなのです。
返済で生活がより困ってしまわないように、というためのものでもあるわけです。
ただただお金を借りただけでは、生活は潤いません。
しっかり収支を見直すことの方が重要です。
そうして基本的な生活が行えているにもかかわらず、急な出費などでお金が必要になった人が利用するべきもの、それがカードローンやキャッシングの本質です。

 

それをわきまえずにただただお金を借りたいと思ってしまっていては、詐欺などにかかりやすくなってしまいます。

 

 

そういったことをわきまえている人でも、注意は必要です。
悪い人間というのは非常に賢いからです。
情報を持っていたとしても、大手消費者金融を装って近づいてくることもあります。
きちんと契約書類に目を通して、おかしい所がないかきちんと調べましょう。
お金に問題を抱えている時というのはどうしても判断力が鈍ります。
お金に関しては、冷静すぎるくらいでもまだ足りないかもしれません。
ただひたすら冷静になるように努めましょう。

 

また、金融業者のことをあまりわかっていない若者や主婦、高齢者はターゲットにされやすいです。
無理にお金を借りる必要はないですし、もしお金を借りる必要が出てきたら、きちんとした銀行や大手消費者金融に相談に行くようにしましょう。
あやふやな知識で物事を判断するのは大変危険です。

 

ヤミ金業者や詐欺につかまらない最良の手段はお金を借りないことです。
きちんと自分の収支を管理しましょう。