キャッシング即日は悪いことなの

MENU

キャッシング即日は悪いことなの


今では当たり前のサービスであるキャッシングですが、実は90年台後半になるまで、「キャッシング=悪」という考え方が多くの人でされていました。ちょうどその頃「サラ金」という言葉が広まっており、サラ金(=今は消費者金融)は高利貸しで悪質な商売をしていると思われていたのです。
中には本当に高利貸しをしていたサラ金もあり、利用者が自殺に追い込まれてしまったというニュースが度々報道されていたのです。サラ金からお金を借りるという行為が一般的では無かったその頃、そのようなニュースが流れてると、その噂が一気に広がり、完全に悪者扱いされていたのです。

 

サラ金という言葉に変なイメージが付いてしまったことから、貸金業界ではサラ金という言葉を使わなくなり、「消費者金融」と呼ばれるようになりました。

 

これが消費者金融という言葉が一般的に使われるようになった理由となります。そしてもっと消費者金融を利用してもらおうと、クリーンなイメージを持ってもらうためにテレビCMを流したり、芸能人をイメージキャラクターにして宣伝活動をしてきました。その結果、今では非常に多くの方が消費者金融を利用しており、いつもの生活をより豊かにすることが出来ています。
また利息に関しても近年の法改正によって引き下げられましたので、一昔前と比べて利用者の負担も大きく軽減しました。申し込み方法や返済方法も複数の中から選ぶことができ、さらに無利息キャッシングといった消費者目線に立った嬉しいサービスを展開してきていることから、より一層使いやすくなったと言えるでしょう。

 

クレジットカードにもキャッシングの機能が付いているくらいですから、キャッシングというのは決して悪いものではありません。ただ中には高利貸しをしているヤミ金業者が存在しています。そのような悪質な業者は絶対に利用しないようにしましょう。健全に営業をしているキャッシング会社でしたらもしもの時の味方になってくれることでしょう。